VDIを導入することのメリット

近年、VDIを導入する企業が増えてきています。これは、デスクトップの環境を仮想化してサーバ上に集約するシステムのことです。具体例としては、サーバコンピュータ上に多くの仮想マシンを用意して、各々のデスクトップのOSと必要なアプリケーションソフトをインストールしておきます。そうすることで、外出先でも個々に配られたパソコンやタブレット端末などからサーバに接続して、自らのデスクトップ画面を表示させて利用することが可能となります。このシステムを導入することのメリットとしては、セキュリティ対策になることです。企業秘密のデータをパソコンやタブレット端末に保存してそれを外部に持ち運ぶと盗難や紛失のリスクがありますので、その大事な企業秘密のデータをサーバー上に保存しておけば盗難や紛失のリスクが大幅に減らすことができるようになります。

VDIは共通のソフトの利用が進められる

会社でパソコンなどを利用するとき、それぞれのパソコンにソフトをインストールします。新入社員などに貸与するときは、最低限使える状態にして渡すでしょう。それ以降は必要に応じてアップデートします。それぞれの組織で必要な手続きをしないといけません。ソフトなどが古いと、同じソフトで見るデータがうまく使えない場合があります。バージョンがそろっていないためです。社員数が多くなるほど個々にインストールされているソフトのバージョン管理が大変になります。忙しい人などはなかなかバージョンアップしてくれません。VDIの場合、各パソコンにはソフトはインストールしません。画面上に表示されるのはサーバから送られた情報です。ソフトもデータもサーバにあります。管理者などがあらかじめインストールしておけば、社員のソフトを常に共通にすることが出来ます。

VDIなら端末の盗難や紛失があっても対応可能

ニュースなどで、大企業の社員や公共機関の職員がパソコンを紛失、盗難に遭ったと報道されることがあります。大企業などだと、中に個人情報などが入っている可能性のため報道されます。全国で見れば、毎日のようにそれらのことは起きているでしょう。影響は中小企業などの方が大きく、場合によっては事業運営に影響することもあります。そのため、企業はデータ流出などを防ぐ手段をとる必要がありました。その中の方法の一つとしてVDIがあります。これは、各パソコン内にデータを置かない仕組みです。利用するときは、サーバ上にあるシステムやデータにアクセスをすることになり、データの保存もサーバ上に行われます。ですから、パソコンの中にはデータは残りません。仮に持ち出して紛失したとしても、その中にはデータはありません。アクセスできないようにすれば、流出は防げます。