VDIによるデスクトップ環境の集約化

VDIとはクライアントPCのデスクトップ環境を、サーバー上に仮想的に構築する技術です。これにより、個々のPCにおける環境構築の手間を省くことができます。インストールするソフトウエアのメンテナンスや更新作業を、サーバー上で一元管理することが可能となり、管理側の運用コストの低減が期待できます。利用者も使うPCが個別のものとならず、ログイン情報さえ所有していれば、イントラネット上にある何れかの端末からアクセスすることができるようになります。作業場所を選ばないシームレスな使い方も可能となります。

クライアントPCは、表示能力に高い性能を要求されませんので、調達コストや人件費を抑えるといった効果もあります。サーバーの処理能力の向上や、ネット回線のスピードアップなど、ネット環境の改善によって、実用レベルとなってきたと考えられます。

VDIと仮想デスクトップの設計思想は異なる

仮想デスクトップはあくまでも、個別のパソコン内で画面領域が狭いと感ずる場合において、見えない領域においても使用可能にした上で、適宜、表示領域を切り替えて利用に供する技術です。複数のタスクを並行して作業するような場合に便利に使うことが出来る方式ですが、メモリやCPUリソースを消費します。

VDIは個々のパソコンのデスクトップ環境をサーバー上に作り、アカウント情報に応じて表示データをクライアントPCに送信します。個々のパソコンはサーバーとのデータの送受信と画面表示の機能を持っていれば良く、比較的ローパワーのPCでも利用可能です。但し、サーバー側に負担がかかります。また、利用する端末種別が限定されませんの、最小スペックを満たせばシームレスに個別のデスクトップ環境を活用できる点がメリットです。以上のように両者は全く異なる概念であることが理解できます。

デスクトップ仮想化・VDIi技術の特徴

ネット環境の高速化と、サーバーの高性能化によって高度な処理を実時間で完了できるようになってきました。サーバーの管理下にある各端末のデスクトップを環境を全て、サーバ-側で一括管理する技術がVDIです。従来は、端末毎に固有のデスクトップ環境が構築されていましたので、標準アプリのインストールや更新作業、各種設定を実施する場合には個別で対処する必要がありました。ネットワーク管理者の負担も大きく、作業も煩雑になりがちでしたが、VDIによって解決されます。アプリのメンテナンス対象が、サーバーに限定されるため、各デスクトップ環境の保守がやりやすくなるからです。また、利用者側からみても、端末に要求される負荷が軽減されるために、端末はローパワーで済みます。タブレットなどモバイル端末でも利用可能となりますので、ネット環境さえあれば、場所を選ばずに利用できるといった副次的な効果が得られます。