VDIがネットーワークの管理コスト低減に貢献する

ネットワーク端末それぞれ固有のデスクトップ環境を仮想的にサーバー上に構築するのがVDI技術です。アカウントにしたがってサーバーに接続すると、個別の表示データが端末に送信され、デスクトップを画面に表示することが可能となります。端末はローパワーで済むため、組織におけるネットワーク端末の調達コストを低減させることが可能となります。

また、導入されているアプリケーションの更新やメンテナンス等の作業工数が多く、人件費がかかっていたところを改善します。サーバー上で一括管理するために、ユーザーは利用環境にあれこれと頭を悩ます必要がなくなります。この結果、ネットワークの運用コストを低減させることに寄与していることを理解できます。サーバー側に負荷がかかる方式ですので、実利用に適用して問題のない規模にするために、システムの最適化が必要となります。

VDIの概念を簡単に理解するなら

VDIを導入すると、利用者にいくつかのメリットがあります。端末にインストールされているソフトウエアの管理、例えばバージョンアップや不具合対応パッチの適応などは、サーバーが一括して管理しますので楽です。さらにウイルス対策ソフトのインストールや更新作業からも解放されます。

クライアントPCには高性能なスペックが要求されなくなり、タブレットやスマホで同じデスクトップ環境を使う事ができるようになるため、作業場所が固定されないといって自由度が生まれます。クライアントPCで高負荷の作業が要求される場合には、サーバーが負荷が増えて必要とするスペックを満たさないケースもあります。デスクトップの仮想化といって表記がされることがありますが、画面を擬似的に拡大する仮装デスクトップとは、考え方も目的も異なりますので注意してください。

VDIの用語を分かりやすく解説

VDIという用語はあまり聞きなれないかもしれませんが、IT業界に携わっている方ならば知っている用語であります。これは、日本語では「デスクトップ仮想化」と呼ばれます。このデスクトップ仮想化と言うのは、クライアントパソコンのデスクトップの環境をサーバー上で稼働するシステムのことであります。デスクトップ仮想化を使えば、クライアントパソコンの環境を別のパソコンやタブレット端末に表示させることができるため、例えば出張や在宅勤務などに柔軟に対応できることから、現在注目を浴びています。つまり、時間と場所を選ぶないで会社にいるかのような仕事がいつどこでもできるというメリットがこのデスクトップ仮想化によって、実現することができるようになるというわけです。さらに大事なデータをサーバー上に保存しておけるため、会社内からわざわざ大事なデータが入っているパソコンを持ち出す必要がなくなるので、そのパソコンの紛失や盗難に遭うリスクを減らすことができます。